2015年11月アーカイブ

今現在自分の運気が良いのか悪いのかは、

なかなか把握できないものです。

良い出来事があれば何となく良い運勢なのか、

悪いことがあれば逆に今の運気は悪いのか等、

自分で考えてもはっきりとした答えは出ないことが多いです。

そんな中で四柱推命を診てもらえる機会がありました。

四柱推命ではその人がどういう性質を元々持っているのかと、

その時期に来ている運気との相性があり、その関連性で運気が決まるというものでした。

運気の良し悪しが入れ替わるのも、人によっては5年周期だったり、10年周期だったり

奥が深いなという感じを持ちました。

自分の運気は来年までは苦しく葛藤のある年でそこを超えると楽になるというものでした。

大きな仕事を手がけるのに良い時期もある程度目星をつけることができるので、

良い判断材料の一つだなと感じました。

四柱推命では、その人が持っている星というか、性質があり

実はこんな仕事が向いてますと言われました。

自分が何となく得意ではないだろうなと思っていた分野が

実は星から診ると得意分野だったりして発見がありました。

結構当たっていると思うところがあり、

仕事を変えたいとか、自分探しをしているときには

四柱推命で診断してもらうことによって意外な発見が

あるかもしれないなと感じました。

四柱推命適職鑑定

若い頃から占いはとても好きでしたので書店に行っては、タロット占いの本や手相学の本など買い集めていたことがありました。その中でも最終的にいちばんハマってしまったのが四柱推命占いなのです。

こちらの四柱推命占いは、古くから歴史のある陰陽五行説を元に占うものですが、かなり複雑で緻密な計算も必要であるために難しい占いでもあるのです。四柱推命占いは、生まれた月日に従い年柱、月柱、日柱、時柱などで、運命を見たてるのですが他にも干支なども必要になるので、かなり正確に占いをできるのです。

私もこの四柱推命の本を書かれた著者にに20代前半の頃占いをしてもらったことがあるのですが、少し体質的に弱くアレルギーがあることや、過去にかなり肥満をしていた事、さらに 30代以降になり結婚することなど言い当てられたので、かなりこの占いを信頼しています。

イベントやパーティでも占いの話をすると盛り上がりますし、今でも時々この本に書いてある通りに友人を占ったりしていますが、おおむね当たっていることもあり会話も弾むというメリットもあります。

自分でもさらに占いを参考にして、運気によって自分の行動を決めるのに活用したり、良いところ取りをしてモチベーションを上げるのに活用しています。

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。